エルメス 買取

エルメスのクロコが枯渇してます!

どうも、トンギュウちゃんです。

先の記事でも『エルメスのバーキンやケリーが高い水準で取引されている』と、書きましたが、どうやら商品が流通していない様です。

タイトルにもある様に、ブランド品の買取業者のマーケットで、現在エルメスのクロコ素材のバーキンやケリーの取引数が少なくなっている様です。

中古品はそれなりの流通数はある様ですが、とにかく新品の流通が減っている様で、ブランド品の中古品の取引を生業としている業者も新品の商材を扱っています。

しかもエルメスの新品のクロコダイル素材はエルメスの定価よりも遥かに高い金額での取引がされていますが、人気のカラーは、どこのブランド買取店でも是非とも仕入れたい商材ですので、必死に集めようとしています。

この流通の少ない状況で、どうやって集めるのか?

単純ですが、答えは『買取価格を上げる』事により、少ない在庫を集めようとします。

そうすると他のブランド品買取店も、そこに負けない様に買取価格を上げて行きます。

これが相場を高騰させてゆく要因となり、それでも在庫の確保が出来ない時は、止め処なく高騰して行き、昨今のバーキンやケリーの高騰に繋がって来るのですが、その高騰が更に加速しそうな状況になってきています。

中古品でも非常にコンディションが良ければ、かなりの高値の買取になりますが、クロコダイル素材は置いているだけで、保管用袋に入れておいたとしても、表面が擦れる事により、年数が経過すると表面に『くすみ』が、出て来てしまいます。

『くすみ』が出てしまうと、使用していないとしても、一般の中古品と同じくらいに評価が下がってしまいますので、置いたままにする事にもリスクが伴います。

購入後2~3年程度であれば、保管状況によるので一概には言えませんが、凡そ目立つ『くすみ』は出ないかとも思うので、クロコダイル製品ですので、高額での購入ですし、勿体無くて使わない方も多いのですが、1年使わないのであれば売却すること尾をお勧めします。

今であれば、派手目なカラーのエルメスのクロコは特に高く買取って貰う事が出来るので、勢いでエルメスのバーキンのクロコを購入した方は早めの売却を検討する事も件名な選択だと思います。